FC2ブログ

筑紫哲也さんの悲しいお別れ

ここでは、「筑紫哲也さんの悲しいお別れ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
筑紫哲也さんとの悲しいお別れがやってきてしまいました。
肺がんで自らテレビで告知し、闘病生活を送っていたのですが
NEWS23に完全復帰することなく、志半ばで逝ってしまわれました。
残念ですね。
悲しいです。
ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081107-00000120-mai-soci

11月7日21時10分配信毎日新聞ジャーナリスト・筑紫哲也さん=京都市下京区シルクホールで2006年12月23日、西村剛撮影長年の取材に裏打ちされた歯切れのいい言葉で、国際政治からポップカルチャーまでを語り、テレビの視聴者に支持されてきた筑紫哲也さんが7日、73歳で亡くなった。「ニュースキャスター」という言葉をお茶の間に浸透させた代表格だった。朝日新聞記者時代には、テレビ朝日の報道番組「日曜夕刊。こちらデスク」の司会者に就任。今では一般的になった活字メディア出身のジャーナリストがテレビ出演をするきっかけを作った。「筑紫哲也ニュース23」のキャスター就任後は、開戦直前のイラクで現地取材をするなど、現場にこだわった。98年11月には米国のクリントン大統領(当時)をスタジオに招き、市民との直接対話を実現させて話題を呼んだ。TBSのワイドショースタッフが坂本堤弁護士のインタビュー収録テープをオウム真理教幹部に見せた後、坂本弁護士が殺害された問題が、96年に発覚。筑紫さんは当時の「ニュース23」で「TBSは死んだに等しい」と述べ、キャスター降板を考えたことを明らかにしている。闘病生活に入った後も、大きなニュースがあった日などに不定期出演する形をとった。今年3月28日放送の「多事争論」コーナーで、番組タイトルから自分の名前がなくなることを明らかにし、出演してきた18年間を振り返った。8月11日には同番組で評論家の梅原猛さんと対談。これが最後のテレビ出演となった。キャスターのかたわら、立命館大客員教授や雑誌「週刊金曜日」の編集委員も務めていた。「ニュースキャスター」(集英社)「筑紫哲也の この『くに』のゆくえ」(日本経済新聞社)などの著書もあった。今年5月には日本記者クラブ賞を受賞している。▽ニュースキャスターの鳥越俊太郎さんの話 同じ時期に新聞社を辞めてテレビの報道番組に転身した、同志であり兄貴分。日本の国の在り方を示し、進むべき道を探る羅針盤のような存在だった。私たちにとって、大きな損失だと思う。最近までネット上で往復書簡を連載していたのに、早過ぎる。▽社民党衆院議員の辻元清美さんの話 政局や政策を相談すれば、的確な分析と具体的なアドバイスが返ってきた。言論の自由と戦争反対の信念を強く持って、自分と異なる意見を排除せず、あらゆる立場の発言や表現の場を守ろうとした人だった。日本が混迷する中で、大きな損失だ。

[引用元:Yahoo[社会(毎日新聞)]]





かご 愛
傘 青空
diesel ブレス
パソコンラック
ルミナス ラック
フラワースタンド
ホテル タオル
グッチ ブラウス
新型 psp 同梱 版
新型インフルエンザ 備蓄
タオル 通販
ナショナル システムキッチン
リネン タオル
ラック コーポレーション
ベビーカー カバー
ディズニー 誕生日
ストール ピン
食器棚 通販
ディズニーチャンネル
ハイブリッド方式除湿機
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://geinoujinto.blog111.fc2.com/tb.php/399-b536a9e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。