FC2ブログ

ワールド・ベースボール・クラシック原辰徳監督就任ほぼ決定

ここでは、「ワールド・ベースボール・クラシック原辰徳監督就任ほぼ決定」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WBCの監督就任問題でずいぶんと長く決まらないですが
どうやら巨人の原辰徳監督に落ち着きそうですね。
またなんだか一部の企業の匂いがしますが。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081028-00000020-dal-base

10月28日9時42分配信デイリースポーツ巨人・原監督へのWBC監督就任要請を発表する王特別顧問(左)と加藤コミッショナー=都内のホテル野球国・地域別対抗戦、第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)体制検討会議が27日、東京都内で行われ、巨人・原辰徳監督(50)に来年3月に開催されるWBCの監督就任を要請することを決めた。28日に巨人側に正式要請するが、原監督の受諾が確実で“原JAPAN”の誕生が事実上決まった。◇ ◇北京五輪終了から約2カ月。難航を極めたWBC監督問題が、ようやく着地した。約1時間の会議後、加藤コミッショナーは「経験、実績、世代交代のもろもろの要素を勘案して、原監督にお願いするのがベストであろうという判断に至った。原監督にやってもらい、王顧問にぴったりとそばに寄り添ってもらい、最大限の協力をしていただくのが、日本球界のために一番いい」と語った。15日に行われた第1回体制検討会議では、現役監督が務めるのは困難との結論に達した。しかし最有力候補だった星野氏が辞退したことで事態は急変。王特別顧問は「星野監督が辞退して白紙に戻った。現役でやっている人がいいだろうということで。ユニホームを着ていない人の候補は挙がらなかった」と言う。さらにヤクルト・高田監督らの持論「日本シリーズ優勝監督」案に対しては、加藤コミッショナーが時間的な問題から「日本一監督にこだわるのはどうか」と否定的な見解を示した。これで日本シリーズの結果にかかわらず人選をするという流れになった。王特別顧問が楽天・野村監督に「ノムさん、どう。」と水を向けたが、野村監督は「オレはいい」と拒否。加藤コミッショナーが候補者に原監督を挙げ、流れは一気に“原JAPAN”へ傾いた。最終的に満場一致でまとまった。王特別顧問は、原監督を選んだ理由を「キャリア、実績、年数を含めてある程度、若くて元気のいいということで。プレッシャーの中で戦い慣れているし、今年は(13ゲーム差を)大逆転した」と説明した。監督として5年間でリーグ優勝3回、日本一1回の実績に加え、若さを大きなポイントに挙げた。28日に加藤コミッショナーが巨人・滝鼻オーナーらに会って了承を得る予定。原監督も受諾することは確実で、第2回WBCは原監督で連覇に挑むことになる。最終更新:10月28日9時42分

[引用元:Yahoo[野球(デイリースポーツ)]]

イチローイズム



バラライカ
バンジョー
ハンドベル
ピアノ
ピッコロ
フルート
フルヤ
安藤成子
安藤盟
飯窪五月
飯島明
イエローキャブ5人娘
五十嵐りさ
井川遥
石井あみ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://geinoujinto.blog111.fc2.com/tb.php/387-90c17b7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。