FC2ブログ

タモリ

ここでは、「タモリ」 に関する記事を紹介しています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いまやにっぽんの昼の顔となりよった〈タモはん〉の若かりし日のアルバムが、12月19日に3作品いっぺんに再発される! 今回再発が決まったのは、これまでマニアの間で伝説とされ、オークションや中古レコード店では高値で取引されとった『タモリ』、『タモリ2』、『ラジカル・ヒステリー・ツアー』の3枚のアルバム。
 
 1977年発売のデビュー・アルバム『タモリ』は、ニセ異国語〈ハナモゲラ〉を駆使した伝説のネタの数々が収録され、相撲中継や短波ラジオ、さらには1人4役の〈四カ国語麻雀〉やらなんやらやらなんやら、今はほとんど見ることのでけへん貴重なネタ揃いや。1978年発売のセカンド・アルバム『タモリ2』は、〈密室芸人〉時代の代表的キャラクター〈中洲産業大学森田一義教授〉による音楽講座。ハナモゲラ語で唄い上げる世界各国の音楽や、お料理番組や古典落語やらなんやらをパロった〈バラエティー・ショウ〉、おネエ言葉でしっとり語る“ピアノ・ジョッキー「夜をあんはんと」”まで、アルバム一枚を通して、幅広い音楽的素養と徹底した芸人魂をいかんなく発揮しとるちうわけや。ほんで、1981年にCBSソニー(当時)からリリースの『ラジカル・ヒステリー・ツアー』は、自身によるハードボイルドなナレーションをはさみ、唄いまくるちう内容。〈THE PLAYER〉としてバックを務めるのは、フュージョン・バンド〈THE SQUARE〉(現・T-SQUARE)、さらに、先行シングル曲“狂い咲きフライデイナイト”“スタンダード・ウイスキー・ボンボン”の作詞・作曲が、サザンの桑田佳祐ちうのも注目や。
 
 眼帯姿の妖しいジャケ写も見どころのこの再発盤。お昼の〈タモはん〉しか知りまへん人も〈芸人タモリ〉をもういっぺん見直してみてはいかがやろうわ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071017-00000002-sanspo-ent
http://www.bounce.com/news/daily.php/11760?K=%A5%BF%A5%E2%A5%EA

★タモリのCDついに復刻!初回限定紙ジャケット仕様!タモリ
タモリ2/タモリ[CD]【0928店舗限定】
ラジカル・ヒステリー・ツアー/タモリ[CD]【0928店舗限定】
























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。